男性の発毛・育毛効果を併せ持つ薬

Fペシア

男性の脱毛症のお薬、Fペシア。コーティング剤にキノリンイエローを含みません。 

 

Fペシアは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが生成されるのを防ぐ働きがあるお薬です。人の血液中には、テストステロンという男性ホルモンがあり、一般的に、男性が禿げる原因はその男性ホルモンであると思わわれています。しかし、実際には、テストステロンそのものが髪の毛に悪い影響を与えることはありません。このテストステロンが酵素の作用を受けて、ジヒドロテストステロンというものに変わり、それが発毛や育毛の障害になるのです。Fペシアというお薬は、テストステロンを変化させる酵素に作用し、それが働かないようにすることで、ジヒドロテストステロンの生成を抑えます。このFペシアは、フィンペシアというお薬とほぼ同じもので、同じ製薬会社から発売されていますが、フィンペシアに使われている発がん性の疑いがあるキノリンイエローという着色剤が含まれていません。

 

Fペシアは、前立腺肥大症の治療や、男性の脱毛症の治療に使われます。

 

Fペシアを服用して胃に不快感を覚えた、食欲がなくなった、という例が、副作用として報告されています。また、過敏症の人は、他の薬を服用する場合と同様に、発熱・発疹などといったアレルギー症状に気をつける必要があるでしょう。また、このお薬による肝機能障害の可能性や、性欲減退、勃起不全などのいわゆるED症状の可能性が指摘されていますが、今のところ確かな症例は出ていないようです。今のところ、Fペシアの副作用は、あったとしても軽微なものと考えてよいでしょう。