男性の発毛・育毛効果を併せ持つ薬

フィンペシア

フィンペシアは、脱毛症の原因となるホルモンの生成を抑制します。

 

脱毛症の原因のひとつとされている男性ホルモンの一種、ジヒドロテストステロンが作られるのを、このお薬は抑えます。ジヒドロテストステロンは、毛髪の根元にある毛母細胞などの組織に作用して毛髪を育成を妨げるため、男性の脱毛症の主要な原因とされています。このジヒドロテストステロンは、最初から血液中にあるものではなく、血液中のテストステロンという物質が酵素の作用を受けて変化してできるのですが、フィンペシアにはこの酵素の働きを防ぐ作用があるため、フィンペシアを服用するとジヒドロテストステロンの生成が抑えられるようになります。

 

男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの生成を抑えるフィンペシアは、前立腺肥大症の治療と、男性の脱毛症の治療に使われます。

 

フィンペシアの副作用として、今のところ重大なものは報告されていません。服用後に胃の不快感を感じたり、気分が悪くなるということがたまにあるようです。ただ、比較的新しいお薬なので、長期間服用を続けた場合の副作用については、まだわからない部分があります。性欲が減退したり、勃起不全や射精不全を起こす可能性があるとも考えられていますが、はっきりとした症例は報告されていません。また、長期間の服用で肝機能障害が起こる可能性も指摘されていますので、肝臓に障害のある人は服用に注意が必要です。過敏症の人は、他の薬を飲む時と同様に、発疹や発熱などのアレルギー症状に注意した方が良いでしょう。